2020年9月13日 (日)

安堵町再発見(筒井順慶ゆかりの地をめぐる)

 

~安堵町再発見~

 筒井順慶ゆかりの地をめぐる

 

開催日時 令和2年9月12日( AM9時半 集合(カルチャーセンター)11時半 解散(カルチャーセンター)

参加者  7名     スタッフ  8名

 

残暑厳しい秋 コロナ禍の中 久しぶりの活動再開は町民の皆さまと共に 町内をめぐり再発見のウォーキングになりました。予定のコースはいつも通る道や、まだ通ったことのない路など。

 

天理軽便鉄道大和安堵駅跡

大正4年開通(新法隆寺~天理)→大正5年(大和安堵駅設置・駅前には商店街ができ、安堵の玄関口として賑わいました。)→大正10年(新法隆寺~平端折り返し運転)→昭和20年(線路供出・廃線)

 

安堵城跡  (戦国時代の領主・安堵氏の居城)・・・(写真は八王子神社)

Sdscf4034_20200913153601

現在の安堵町役場の南から歴史民俗資料館にかけての一帯にあった。江戸時代初めにはまだ土塁があった。安堵氏は筒井氏と姻戚関係を結び安堵城を本拠に戦うも、1569年松永久秀に攻められ落城。今では跡かたもありません。

 

大宝寺   (江戸時代に融通念仏宗に転宗)

もと極楽寺塔頭のひとつで安堵氏の持庵と伝えられる。境内には1584年に亡くなった筒井順慶供養の五輪塔が残されている。

 

安堵城別館 (現在のうぶすなの郷TOMIMOTOレストラン兼宿泊施設

安堵氏が日常暮らした居館の場所。江戸時代には東安堵の大庄屋・富本家の屋敷地。後に人間国宝の陶芸家富本憲吉の生家として有名になる。

 

平楽寺 (飽波神社南の寺垣内にあり寺伝では聖徳太子開基とされる) *注*非公開

戦国時代の天正年間に筒井順慶、あるいはその一族により再興されるも、明治の廃仏毀釈により廃寺となる。本尊の地蔵菩薩立像は子安地蔵として今も尊崇を集め、寺垣内の人々により維持管理されている。

Simg_2181_20200913165501

十一面観音立像

Simg_2182_20200913165501

弘法太子坐像

Simg_2183_20200913165501

誕生仏

Simg_2184_20200913165601

参加者の声 「こんな所に路が有ったなんて!」 「行きどまり?どこへ続いてるの!?」

数珠繰りの大きな念珠の実物も見せて頂きました。スタッフの中にも平楽寺を訪ねるのは初めての者も居り、大変有意義な再発見でした。非公開にも関わらず拝観させて下さいました寺垣内の皆様ありがとうございました。

 

極楽寺     (聖徳太子建立の46カ寺の一つ「常楽寺」跡と言われている)

本尊の「阿弥陀如来」は重要文化財で平安時代の定朝様式。脇侍の「聖観音立像」は本尊より古い平安時代中期の一木彫り。また、奈良時代に書写された「大般若経」6巻をはじめ600巻が残されている。

本堂東のお堂には「広島大仏」と呼ばれる阿弥陀如来坐像が安置されている。かって広島西蓮寺で原爆被災者の心の拠り所となっていた仏様。

 

ほうけんと(宝篋印塔=ほうきょういんとう) 写真左端の 赤◎印

この場所(大和屋自動車前の道路南側)は東安堵集落の入り口で、宝篋印塔は仏塔(五輪塔)で疫病などが集落に入らないよう祈った祭祀場だったのでしょう。人々は顕彰碑を建てるなど生活の一部として大切にしてきたことが窺えます。

梨の功労者顕彰碑 写真の高い石碑 青◎印 明治42年に建てられた。

特産の安堵梨を確立させた功績者宮島榮太郎を顕彰したもの

関取顕彰碑     写真中央の低い石碑 黄色◎印 1819年江戸後期に建てられた。

石碑には「神楽山源右衛門、唐枩嘉右衛門、文政二己卯八月吉日、門弟中」と刻まれています。

Sdscf4036o

 

百日紅、百日咲き続けたピンクの花。残暑のなかにも秋を感じさせる青空。何気なく通り過ぎた町の一角にある歴史の足跡。皆さん 楽しんで頂けましたでしょうか。お疲れさまでした。

Sdscf4038_20200913153301

9月26日のJRハイキングは、お知らせの通り実施いたします。爽やかな一日をご一緒に過ごしませんか?皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

                安堵観光ボランティアの会一同                  

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

JRハイキングのお知らせ

*JRふれあいハイキングのお知らせ

聖徳太子の足跡を訪ねて

    斑鳩から安堵へ 古代ロマンの道を歩く

 

上記ハイキングにつきましてはコロナ禍の影響も有り 開催の可否を検討致しておりましたが、リピターの皆さまから嬉しいお声も頂き予定通りの日時で内容を一部変更(密を避けるため 見学中止など余儀なくされた点は ご理解の上、何卒ご容赦ください)・実施することになりましたので、当ブログにて改めてご案内いたします。

 

 

実施日  令和2年9月26日(土)  

集合・受付場所  大和路線 法隆寺駅改札出口  解散 大和小泉駅

受付時間 午前9時~9時半順次出発) 昼食ご持参下さい(駅にコンビニ有り)

参加費  ウォークのみ300円 ・ 入館希望2か所ウォーク500円

受付時に検温(出来れば自宅で体調確認・検温して来てください)各自マスク着用をお願いいたします。

  資料 無患子(ムクロジ)ストラッププレゼント

 

コース

法隆寺駅 出発 → 天理軽便鉄道跡(新聞掲載の企業「斑鳩」天空のドア》)→ 

広峰神社・善照寺 → 飽波神社(なもで踊り見学中止・なもで踊りの唄のみ御披露)→ 

資料館(灯芯ひき中止・入館者資料展示自由見学・トイレ可)→ 極楽寺

       🎄🎄  昼食(中央公園・トイレ可) 🎄🎄

中家住宅(入館者は母屋から持仏堂へと通り抜け)→ 額安寺(境内見学・トイレ可)→ 

推古神社 → 光堂寺・杵築神社→ 大和小泉駅 解散

 

皆さまと久しぶりの再会を楽しみに 爽やかな秋風の中 ご一緒に歩けますことを祈りつつお待ち申し上げております。

                  安堵観光ボランティアの会 スタッフ一同

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

活動再開のお知らせ

 

安堵観光ボランティアご利用のみなさまへ・・・活動再開のお知らせ  

 

9月の声を聞いても、残暑とコロナの終息の気配もなく、台風や地震・首相辞任のニュースなど心の安らぐこともありません。

3月5日のブログにて桜のハイキングの中止を緊急でお知らせして以来の御無沙汰で申し訳ありません。

みなさまには、お変わりなくお健やかにお過ごしのことと存じます。

JRの情報誌に記載の9月26日のJRハイキングは予定通り、実施することになりました。詳細については情報誌に準じますが、9月8日このブログで改めてご案内いたします。

Dscf3746  

爽やかな秋風の中、皆さまとの再会と会話を楽しみに一同心よりお待ちしております。

                                令和2年9月5日     安堵観光ボランティアの会 一同

 

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

緊急お知らせ

緊急お知らせ

連日のように報道されている新型肺炎(コロナウィルス)の状況を考慮いたしまして、来る4月4日(土)に予定しておりましたJRハイキング 満開の桜の道を歩く」は残念ながら中止することになりました。

せっかく楽しみにお待ち頂きました皆様には、まことに申し訳ございませんが、お詫びしてお知らせ致します。

弥生とは言いながら寒暖差の激しい日々が続きます。 花粉症や風邪 新型肺炎などには くれぐれもご注意のうえ 皆さまの笑顔が桜のように開く春をお迎えになられますよう 心よりお祈り申し上げます。

せめて昨年の三月末の写真をご覧ください。

 Dscf3520

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

JRハイキング 砂かけ祭り

~聖徳太子ゆかりの道をたどり天下の奇祭へ~

歴史の町・安堵町から廣瀬神社(砂かけ祭り)へ

 R2年2月11日()  JR法隆寺駅改札前 9時受付    9時半~順次出発

連日のようにニューストップで新型肺炎コロナウィルスの感染が報じられる中ではありましたが、温かな日和にも恵まれて多くの方のご参加がありました。 
 

参加者97名安堵町歴史民俗資料館入館 64名・ウォークのみ 33名及びスタッフ15名

Sdscf3915

近鉄生駒線の不通やJR東西線の遅延などで、出足が危ぶまれましたが受付締め切り時刻を前に参加者が増え、班割りなどでご迷惑をおかけ致しました。そんな中、亀岡市からの女性は遅延などで途中で参加を諦めつつも、携帯でご連絡頂き筒井からタクシーで駆けつけて下さいました。

Sdscf3920_20200216160001

天理軽便鉄道・新法隆寺駅付近の遺構
Sdscf3921

斑鳩の田園の中に残る遺構
Sdscf3923 

成福寺跡から  上宮遺跡公園
Sdscf3925

万葉歌碑巡り
Sdscf3929

調子丸古墳(黄色い円)・駒塚(朱色の円)を望む
Sdscf3933

新業平橋にて 「伊勢物語」の話など
Sdscf3934

斑鳩・高安の里を通り安堵・善照寺へ向かう
Sdscf3936

善照寺 冨生の松(ふしょうのまつ・根上がりの松)と太鼓楼
Sdscf3943

本堂横の屋根にある珍しい瓦

「迦陵頻伽(かりょうびんが)」  
  極楽浄土に棲むと言われる上半身は人・下半身は鳥の想像上の生物

デジカメではこの程度にしか撮れませんが機会があれば実際にご覧ください

Sdscf3945

Sdscf3946 

ヤップ山  陰陽師蘆屋道満の屋敷跡とも伝えられる
Sdscf3947

広峰神社  飽波葦垣宮跡とも言われる
Sdscf3949

業平道と 太子道の 交差地点より法隆寺の塔を望む(黄色の円)
Sdscf3950

太子道(安堵保育園西側)をたどる
Sdscf3951

飽波神社  「なもで踊り絵馬」「聖徳太子ゆかりの雀伝説」
Sdscf3953

安堵町歴史民俗資料館
Sdscf3956 

安堵町かかしコンテスト入賞(安堵小学校 校長作)の天理軽便鉄道の車両がお出迎え
「発車オーライ!」

Sdscf3957

春を告げる白梅と白壁・青空
Sdscf3959

館内 天理軽便鉄道ラストランの記念日 鉄道模型運転イベント
ホームや建物などもとても精密で大人でも興味津々

Sdscf3960

 Sdscf3962

Sdscf3964

昼食タイム  文化観光館「四弁花」
Sdscf3965

極楽寺   重要文化財 本尊・阿弥陀如来広島大仏が有名
Sdscf3967

本堂横の紅白梅がホッコリと
Sdscf3971 

「赤い蘇鉄(ソテツ)の実も熟れる頃~♪」 皆さん思わず懐メロ
Sdscf3973

かかし公園  「聖徳太子やはり法隆寺の方を見ているんだ。」
Sdscf3974

廣瀬神社・太鼓橋
Sdscf3976

本殿前の鳥居
Sdscf3978

諏訪太鼓の奉納
Sdscf3979

砂かけ祭り   「庭上の儀 ・ 田作り 砂かけ 」
神社の広場は、新型肺炎の影響か例年より人出が少ないようでした。

Sdscf3981

Sdscf3982

法隆寺駅への帰り道 富雄川沿いの桜並木に混じって満開の梅の花
Sdscf3994

皆様 お疲れさまでした。今日もいろいろな人々との出会いがありました。


亀岡からの女性 「諦めずに待ってもらって参加できて大満足」                  
  満面の笑顔にスタッフも笑顔に!

岸和田からのお父様  「娘たちと3人で、今日この機会に会う事にして参加しました。」     
  ご兄妹かと思うほど若々しい素敵なお父様

大阪府忠岡町からのお嬢さん   「忠岡町は日本一小さな町なんですよ!」            
  安堵町は日本で三番目に小さな町

箕面市からのお嬢さん 「バラバラに到着したけど善照寺で無事に会えました!」

50代の男性    「相次いで両親が亡くなって落ち込んでいたけど、来て良かった」

女性      「勝手に歩くウォークが多い中で、ガイドさんの説明があって良かった」



今回のウォークで特に印象深かったのは、父娘3人でのご参加でした。私たちのウォークが、こんなふうに楽しんでいただけるのは嬉しい限りでした。因みに私たちスタッフの中にも廣瀬神社で大阪からの息子さんご家族と待ち合わせをした人がいましたよ!    
ありがとうございました。次回も是非、ご参加お待ちしております。   
                        安堵観光ボランティアの会一同

 

 

| | コメント (0)

«JRふれあいハイキング 大和川の歴史と安堵の田園風景を歩く