« 善照寺で、親鸞さまお通りイン関西のイベント | トップページ | 極楽寺のろうそく祭 »

2010年7月 9日 (金)

ガイド養成講座 第2回目

7月8日(木)、ガイド養成講座の第2回目です。

富本憲吉記念館で「富本憲吉の世界」と題して館長の山本茂雄さんからお話を伺いました。
今回のテーマは、憲吉と妻一枝との関係に焦点をあてたものでした。

Scimg1153

憲吉・一枝夫妻は、後に不仲になりますが、憲吉は一枝に”一目ぼれだったそうです。
そのことは、平塚らいてうを慕って青鞜社にくわわった尾竹紅吉(おたけこうきち=一枝のペンネーム)の求めに応じて、憲吉『青鞜』の表紙などをデザインしていることからもうかがえます。
なるほど。

憲吉と一枝の家族の写真を展示してある部屋で、憲吉装丁のモダンな掛け軸を見る参加者たち。
落款印がアルファベットのKTです。
当時としたら本当にモダンですねえ。
いや、今でもモダンかな?

Scimg1160

作品展示室では、憲吉と一枝の合作作品のコーナーが設けられていました。

山本さんが、「この絵は憲吉先生の絵、こちらは一枝さんの絵です。」
と作品を詳細に解説してくださいました。

そう言われてみてはじめて、憲吉の絵はデッサンを元にきちんと描かれていて、一枝の絵はそれをなぞって描いているような気がしたのですが・・・。
でも教えてもらわなければ、全く気がつきませんでした。(^_^;)

Scimg1162

いろいろと発見の多かった、充実した講座でした。

フウランの群生
記念館の前庭の大木の太枝に、フウラン(風蘭)が咲いていました。
枝のあちこちに着生して、みごとな群生を作っています。

Scimg1164

いい匂いがするということでしたが、頭上の高いところにあるので、近づいて匂いをかぐわけにもいかず、ちょっと残念でした。
富本憲吉記念館へ行かれたら、これもぜひご覧になってください。

次回は 7月12日(月) 「奈良県の観光」
          場所  安堵町福祉保健センター 10:00~12:00 です。

|

« 善照寺で、親鸞さまお通りイン関西のイベント | トップページ | 極楽寺のろうそく祭 »

ガイド養成講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガイド養成講座 第2回目:

« 善照寺で、親鸞さまお通りイン関西のイベント | トップページ | 極楽寺のろうそく祭 »