« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

お知らせ・ガイド養成講座

”半世紀行方知れず…「広島大仏」奈良にいた”

というタイトルで、安堵町の極楽寺にある阿弥陀如来坐像が、じつは広島で原爆犠牲者を弔うために祀られていた「広島大仏」とみられるという記事が、読売新聞のホームページに掲載されていました。

ここをクリックすると記事が掲載されているページにいきます↓

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110529-OYT1T00817.htm

今年もボランティアガイド養成講座」を開きます。

古の歴史と文化の香る町とその周辺の文化・歴史を学びつつガイドの実践方法を身につけます。
郷土の歴史観光に興味のある方は気軽にご参加ください。

参加費は無料です。
1回だけの参加も大歓迎です

第1回 6月27日(月) 「安堵町の歴史と伝統文化」
  講師  安堵町歴史民俗資料館 学芸員 橋本紀美氏
  場所  安堵町歴史民俗資料館 10:00~12:00

第2回 7月 7日(木 「富本憲吉の世界」
  講師  富本憲吉記念館    館長  山本茂雄氏
  場所  安堵町歴史民俗資料館 10:00~12:00

第3回 7月11日(月) 「観光ボランティアガイドについて」
  講師  安堵観光ボランティアの会 会員
  場所  トーク安堵カルチャーセンター会議室 10:00~12:00

第4回 7月25日(月 「安堵町のガイドの実践」
  講師  安堵観光ボランティアの会 会員
  場所  安堵町歴史民俗資料館前 集合 9:30~11:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

極楽寺の大般若転読祈願法要

よく晴れてさわやかな五月の日曜日、午後1時から極楽寺大般若転読祈願法要がとり行われました。

堂内には御本尊の前に、古くは平安時代に書写されたという極楽寺所蔵の大般若経(重要文化財)が積み上げられています。

Scimg1933

読経が始まり散華のあと、いよいよ大般若経の転読がはじまります。
この大般若経はなにしろ600巻もあるので、短い時間に最初から最後まで飛ばさずによみとおすことは不可能です。

Scimg1938

そこで偈文を唱えながら経文をばらばらと繰って読んだことにするのが転読です。
それでも600巻もあるので、お坊さんが8人がかりでもかなり時間がかかりました。

Scimg1946

堂内に響き渡る誦経の声の中、参列者は焼香をします。
またお坊さんがお経の本で参列者の背中に軽く触れてまわられ、般若経の功徳を分け与えられます。

Scimg1948_2

転読法要が終わったあと、今回は極楽寺の本山国分寺の管長さんのご講話があり、いっそう心が洗われるような清々しい気持ちになりました。

Scimg1949

この極楽寺の転読法要も今年で5回目になるとのことですが、年々参加者も増え盛大になってきています。
安堵町で行われる行事のなかで、ぜひ一度参加して見ていただきたい行事のひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »