« 2012年 ボランティアガイド養成講座 第3回 | トップページ | 広島大仏祈りの集い前夜祭 「あんど癒しの夕べ」 »

2012年7月26日 (木)

2012年 ボランティアガイド養成講座第4回

日時H24.7.23  AM9:30~12:00

新たな知識を得ることが出来たガイド実践報告

コース・・・安堵町歴史民俗資料館善照寺ヤップ山広峰神社飽波神社極楽寺

今日で養成講座は最終回。
いよいよガイド実践で、まだまだ経験の浅い私は、改めて勉強をと意気込んで参加。
新しく仲間になって下さる方も加わり和気藹々の内に安堵町歴史民俗資料館からスタート。

善照寺・・・久しぶりにゆっくり鑑賞した「冨生の松」は緑ますます深く、その大きさ、勢いを一段と立派になった枝振りに感じることができました。
観光や参詣に訪れる人々のご協力、そして何よりも寺を守るご住職ならびにご家族の心が育んだ松・・・本堂の傍で涼しい木陰を渡る風・・・ご住職奥様の心づくしの冷茶の味は、格別の美味しさでした。

Scimg2587

今回、新たな発見が有りました。
今まで何とも思わず使いながら見過ごしていた手水鉢。その左側のものが、「河内屋籐兵衛」寄進のものだったのです。
左側面に名前が彫られていました。縁側軒に吊された小さな半鐘だけしか知らなかった私達は、早速メモと写真を。

Scimg2589_2



ヤップ山・・・夏草が茂り、場所も定かには解りにくい状況ながら蘆屋道満ゆかりの地として、整備を進めるとか。

Scimg2597



広峰神社・・・飽波葦垣宮説があり、今の富雄川ではなく「富の小川」と呼ばれていたころ、斑鳩の成福寺跡から、この辺り一帯が葦垣宮であったのではと言われています。
たいへん古くさびれた神社ですが、花の季節を終えた「無患子(ムクロジ)」の木が秋の実りに向けて、空高く伸びていました。

Scimg2599



飽波神社・・・鳥居の様式(鳥居の上に屋根がある)の説明を受け、帰ったら改めて復習しなくては・・・と会員の博識に脱帽。

Scimg2591



極楽寺・・・墨染め衣姿の涼しげな田中住職がお出迎え。
本堂はヒンヤリと別世界。
改めて重文の「阿弥陀座像」や、その光背の上部の「大日如来」についても、説明があった。

ここでの新発見は、まだ秘密    いづれ極楽寺から発表があると思われます。
秘密のカギは・・・本堂向かって左側に安置されている不動明王にあるらしい。

さて、急ぎ足のガイド実践も無事終了。お疲れ様でした!


*お知らせ*

8月5日極楽寺境内において、午後5時から「あんど癒しの夕べ」が行われます。

夢あかり(安燈会)主催の「広島大仏祈りの集い」で紙芝居・工作教室・屋台などが設けられます。
柔らかなロウソクの灯りに夏のひとときを、お過ごし下さい。

縁あって安堵の地に落ち着かれた「広島大仏」翌日6日は午前8時より、広島の平和祈念式典と同時に黙祷、祈りの儀式が行われます。

またバイオリン演奏などの奉納も行われます。

|

« 2012年 ボランティアガイド養成講座 第3回 | トップページ | 広島大仏祈りの集い前夜祭 「あんど癒しの夕べ」 »

ガイド養成講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 ボランティアガイド養成講座第4回:

« 2012年 ボランティアガイド養成講座 第3回 | トップページ | 広島大仏祈りの集い前夜祭 「あんど癒しの夕べ」 »