« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

第一回 ガイド養成講座

安堵観光ボランティアの会ガイド養成講座

第1回  H26.5.29(木)
テーマ: 大和川の水運と水利」 ; 水の恵みと雨乞い信仰
講師 : 安堵民俗資料館館長 橋本紀美氏



Scimg3380

 勤三桜・牡丹と四季折々の季節の花が皆の目を楽しませてくれる安堵町歴史民俗資料館
さて今はどんな花が?と楽しみに訪れた私たちを迎えてくれたのは小さな水鉢の中で黄色い花をつけたコウホネ(河骨)と可愛いメダカの姿。

夏日の中に爽やかな風を感じる一室で、講座がスタートする。

① 「なもで踊り」の歴史

Scimg3395

「なもで踊り」は1983年奈良県有形民俗文化財に指定。

米作り、特に稲穂が成長する夏から初秋にかけての穂水(雨の恵み)は何より大切なものでした。
降雨の立願・・そして成就の満願の奉納と、江戸時代の文献に残るだけでも実に19回もが確認されております。

Scimg3383

飽波神社社殿のなもで踊り図絵馬(宝暦6年)は薄暗く見えにくいのですが、それを布地に転写したものを間近に見ることができました。

Scimg3388

また、当時の装束の準備や踊りの様子など図入りで実に詳細に記された文献などを見せて頂き、生活に密着していた村人の想いが伝わって来るようでした。

Scimg3393


現在、飽波神社で10月に奉納されている踊りや唄は文献に残された記述を基に振付・メロディーは新たに創作、復活されたものです。(1995年安堵商工会)

100411g


写真は2010年4月に飽波神社の境内で、なもで踊り保存会によって奉納されたもの。


 ② 
「大和川の水運と水利」

Scimg3398

5月末まで展示中の「大和川の水利と窪田村」を見学

展示された室町時代から江戸時代にかけての文献の数々。
中でも1772年京の絵師によって描かれたビッグサイズの「和洲奈良川筋惣絵図」は圧巻でした。

Scimg3398a

実物の絵図の写真撮影は禁止でしたので、図(部分)はポスターから。
図の中ほどに「窪田村」の文字が見えます。

郡山から額田部村を通り窪田にかけての川筋の集落や用水路などが細かく表され、要所には附箋が貼られ、往時の奈良川(佐保川)の様子が偲ばれました。

では、なぜ「窪田」が水利の重要なポイントになったのでしょう? 

 文献で証明出来るものでは豊臣秀長の後、郡山城主となった増田長盛から窪田村給人(領主)に宛てた引水権認可状に「これまでどおり」とあることから、始まりの時期や理由の特定には至りませんが、代々認められた強い用水権が窪田にあったことは確かだったようです。

Scimg3399

江戸時代にも上流村々から無断で引水した詫び証文や調停の和解文書などが残されています。

Scimg3400


現在の窪田の天神神社は、その昔「左下大明神(五梅宮)」と言い筒井氏の氏神だったのです。それを土豪窪田氏(現在の中・石田家祖先)が勧請・護持した折の化粧水(代償)が水利権だったとも推測されています。
窪田の大和川河畔には今も井堰の跡があり、河川の改修工事に伴い流れの変わった近くには記念碑や、「切戸」「大明神」など治水と共に生きてきた土地柄を表す古い地名も見られます。

さて、難しい話はここらに置いて・・・
当時、安堵には現在も地名に残る「御幸ケ瀬浜」「板屋ケ瀬浜」の二つの船着き場がありました。
大阪から剣先舟で運ばれた荷は亀ケ瀬で一度陸揚げされ魚梁舟(やなふね)に移され安堵船着き場の問屋まで送られました。

当時、川舟の運行統括をしていた三郷の安村氏の文献にはこんな積み荷(砂糖・酒・瀬戸物・砥石・紙・肥料用の豆粕など)の記録があります。
昭和30年の大和川整備の頃までは、御幸ケ瀬浜あたりには船着き場の名残りの柳並木(地盤強化のため)が残っていたとのこと。

また、大和川増水による岡崎川への逆流調整のために設けられた現在の水利施設辺りに、「百間樋」と呼ばれる江戸時代の治水工事跡の名残があるそうです。
幕府普請方の下し金など支援のもと安堵五ケ村(西安堵・東安堵・笠目・岡崎・窪田)が協力し、腐りにくいと言われる松の木で巨大な樋を作り、大和川の水を一旦取り込み溜め、別の樋で富雄川を通して大和川下流に放出。

何とも凄い智恵だと思いませんか!


さて、素朴な疑問??? 
展示されている文献を見ていて気付きました。

窪田久保田の二通りの記載があるのは何故?

どちらが正しいのでしょうか?

「答え」・・・正しい地名は「窪田」。
但し、外部からの文書に「久保田」の記載が多いのは、耳で聞いた発音だけで、書いたものと推測される、との館長の解説。 
  
有意義で楽しいひと時でした。

「そんなこと知ってどうする?」でなく、知って身の回りを見れば、意外と興味深いことも多いですよ。
難しく構えずに、わが町安堵町を一緒に探訪してみませんか♪

------------------------------------------------
次回の養成講座は
日時 : 6月23日(月)10時~正午
場所 : カルチャーセンター3F会議室
テーマ: 「聖徳太子ゆかりの史跡について」 
講師 : 天理大学非常勤講師 吉田栄治郎氏     
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ガイド研修講座の案内

安堵観光ボランティアの会
ガイド研修講座のご案内

 安堵町とその周辺の文化・歴史を学びつつガイドの実践方法を身につけます。
郷土の歴史観光に興味のある方は気軽にご参加ください。
一回のみの参加も大歓迎。


 参加費無料。 時間はすべて十時~十二時。

(1)五月二九日(木)
 「大和川の水運と水利」 (水の恵みと雨乞い信仰)
 講師 安堵町歴史民俗資料館 館長 橋本紀美氏
 場所 安堵町歴史民俗資料館

(2)六月二三日(月)
 「聖徳太子ゆかりの史跡について」
 講師 天理大学非常勤講師 吉田栄治郎氏
 場所 カルチャーセンター 三階会議室

(4)七月一八日(金)
 「安堵町の歴史と文化」
 講師 天理大学非常勤講師 吉田栄治郎氏
 場所 カルチャーセンター 三階会議室 

(3)七月二八日(月)
 「ガイドの実践」
 講師 観光ボランティアの会会員
 集合 安堵町歴史民俗資料館前

 ★ 会員、サポーター大募集 
 ★ 申し込み・問い合わせ(夜)
   大西 ☎五七-三八七七   伊藤 ☎五七-三七八九

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

極楽寺の大般若経転読法会

五月晴れの母の日の午後、大般若経転読法会に参座した。
行く先は重要文化財の阿弥陀如来や広島大仏などで、近年人気スポットの安堵町の
紫雲山極楽寺

Scimg3326

毎年・・・5月の第2日曜日午後2時(祈願受付は1時~)

大和郡山など近隣よりの方々のご参拝のなか、田中住職はじめ総勢5名の僧侶による転読法会が厳かに始まった。

Scimg3331

因みに大般若経とは正式には「大般若波羅蜜多経」と言い、
その昔、中国(唐の国)の三蔵法師玄奘と言う僧侶が16年間も旅をしてインド(天竺)から持ち帰り漢訳したという様々な般若部経典の大全集で、
その数は何と600巻に至ります。

その内容は「般若波羅蜜」と訳される「悟りに至る智恵」を説く諸経典を集成したもので、
「色即是空 空即是色」一切の存在は全て空である・・と言う空間思想を説いているとされています。


Scimg3375

極楽寺には奈良時代より伝わる大般若経が保存されています。

Scimg3367

転読とは経本1巻1巻を正面で広げ流し読む事で、清らかな「般若の梵風」が起きると、されています。
地域の安全、五穀豊穣、厄災消除、家内安全などを祈願する法要です。
それぞれの僧侶が1巻1巻「大般若波羅蜜経 巻第○○(巻数) 唐三蔵法師玄奘奉詔訳!」と大音声で唱え、
最後に「調伏一切大魔最勝成就!」と唱え締めくくります。

Scimg3350

経本を流す音、1巻ごとに「バンバン」と経本を経机に叩く音、散華が撒かれ、般若心経ののびやかな声明、太皷や妙鉢(仏具のシンバル)の音。
不思議な空間で日常から解き放たれた思いがしました。

Scimg3344

終盤に参座者一人一人が「般若如来と16善神」の描かれた掛け軸の前で焼香し、導師から経本で肩や背を触れて頂き、爽やかな「般若の梵風」を首筋に受け終了。
可愛い赤ちゃんも健やかに育ちますよう参座されてましたよ。

Scimg3357

参座の方の声・・・「良かったね。」「迫力あるね」「ある意味コンサートに来た気分」「元気になれそう。」「また、来年もお参りしようね」etc.

如何でしたか?少しはお伝えできましたでしょうか。是非皆様も一度は体験して頂きたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »