« 第27回安堵町産業フェスティバル | トップページ | 研修講座 5回目 »

2018年12月 7日 (金)

晩秋の斑鳩から安堵の里へ


晩秋の斑鳩から安堵の里へ



平成30年12月2日()   JR王寺駅中央改札前受付9時~9時半順次スタート 

 
                         

今日の参加受付トップは大阪からのY氏ほとんど毎回お元気なお顔で

「来たで!」 と、ご参加してくださいます。  参加者は82名

Sdscf3122


駅から西友の北側を元気に「いざ出発!」

「このウォークの帰りに達磨寺の雪丸に会いに行こうと思ってるんですよ。どの方角になりますか?」とのご質問に、大まかな位置関係をご説明。

Sdscf3125


大和川にかかる
「昭和橋」を渡れば、斑鳩の里。

Sdscf3136


三室山の
神岳(かむおか)神社への道標

古来の神南備(かんなび)の神社で、周辺地域は神南(じんなん)の地名

Sdscf3139



竜田公園「堂山橋」・・・「懐かしい!若い頃、来た事がありますよ。」

Sdscf3146


竜田城跡(龍田藩初代藩主は片桐且元)から明神山などを望む。

Sdscf3154


「わぁ~!綺麗な紅葉。」・・・写真で上手に撮れないのが残念

Sdscf3155


龍田神社・・・前の道は奈良街道。

境内には大和猿楽四座の一つ「金剛流」発祥の地の石碑があります。

Sdscf3160


境内で鳥居の
大しめ縄作り様子を見学できました。

もち米の稲わらを小さな杵で叩いて柔らかくする作業。 

Sdscf3164


稲わらを組んで、直径を測りながら形を整え「テグス」を巻いて仕上げ。

「初めて見ました。すぐに正月ですものね。師走が実感できました。」

Sdscf3162


藤ノ木古墳

Sdscf3169



「石道と奥の段になった所、ぼんやり覗くことができましたよ。」

「中に入れへんのか?入れたら良いのになぁ。」

石棺の中の様子などを資料で説明(近くにある文化財センターは特別展の期間中で残念ながら見学はできませんでした。)

Sdscf3172


     ・・・・・・斑鳩法隆寺 iセンターにて昼食・・・・・・


上宮遺跡公園

Sdscf3178


発掘の遺跡の一部が
どうだんつつじに囲まれた公園の一角に在ります。

Sdscf3181


安堵の里を目指し「新業平橋」を渡るグループ

Sdscf3187


「ようこそ安堵へ!」  善照寺の見事な
「冨生の松」がお出迎え

Sdscf3191


本殿で
坊守(住職御夫人)からお話を伺い、絵天井や御軸などを見学

Sdscf3193


広峰神社   資料に入ってる
無患子(ムクロジ)の樹

Sdscf3196


天理軽便鉄道跡・木戸池遺構

Sdscf3198


「ここからの方が良く見えるよ!」  「電車が来るよ。」

遺構と並行した北側のJR線を電車が通過。グッドタイミングの一枚

Sdscf3203


JR法隆寺駅に15時~15時半ごろ、全員無事到着しました。

踏切近くの線路沿いにある法隆寺・広瀬大社の石碑の前で2月11日「砂かけ祭り」ウォークのご案内

Sdscf3210


ウォークを楽しんで頂いているのが一目で分かる秋が満載のリュック。

「有難う!」 「楽しかった。また来るわ。」 「いい天気で良かったなぁ。」

Sdscf3207



「お楽しみいただけましたか?」   「また、お会いしましょう!」

「有難うございました。どうか、お気をつけて。」

「次回もお待ちしております。お元気で!」  安堵観光ボランティア一同




















































|

« 第27回安堵町産業フェスティバル | トップページ | 研修講座 5回目 »

JRふれあいハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の斑鳩から安堵の里へ:

« 第27回安堵町産業フェスティバル | トップページ | 研修講座 5回目 »