« 晩秋の斑鳩から安堵の里へ | トップページ | フラワーロード »

2018年12月17日 (月)

研修講座 5回目



安堵観光ボランティア研修講座 5回目


平成30年12月10日(月)   於:トーク安堵カルチャーセンター3F 研修室


タイトル「大阪メトロ開業と鉄道の基礎入門」

          副題:天理軽便鉄道を懐かしみて


   
講師  中島 紀夫 氏 (安堵観光ボランティア会員)

            Sdscf3213


タイトルに鉄道の文字・・・鉄だけに固いお話かと少し緊張と不安の中で参加。

講座が始まるまでの時間待ちの研修室は、和気藹々と程よくリラックスムード。

参加者16名での開講となりました。



Sdscf3215



鉄道の定義、特質・・・ ①輸送力 ②軌道 ③軌間 ④エネルギー源と機関

⑤鉄道条例・法 ⑥軽便鉄道法による鉄道参入 ➆平成30年度大阪メトロ開業


以上の7章を基礎にお話が進められました。 (やっぱり・・・固いかな!?)

産業革命など、世界規模の講義は定番として、ブログでは割愛しました。


日本における人力や馬車鉄道の歴史

馬車鉄道 1882年営業が始まった
新橋~浅草天王寺~住吉など、のちに電

化され都市交通の緒となる。蒸気機関ではは1872年の官鉄・
新橋~横浜は開

業から施設や技術導
など丸抱えから自前化へと急速な努力がなされた。

その後、馬や煤煙の公害の無い電動車が急速に普及。1895年には琵琶湖疎水

の電力を利用した
京都~伏見京都電気鉄道の路面電車が日本で最初。


天理軽便鉄道を懐かしみて


明治末には軽便法で各地で出願の鉄道が流行。目論見書認可された天理軽便

鉄道は、大正2年工事着工。大正4年2月
新法隆寺~天理駅営業開始。

大正9年末に大軌(現・近鉄)の畝傍線計画に際し、解散・譲渡する。

平端駅新設、東側の天理線は電化して現在に至る。西側は大軌法隆寺線とし

て軽便・SLにて運用。昭和3年春よりレールカーを導入。プラットホーム改変や

転車台を設置。戦時末にはガソリンが無く、木炭ガス発生器を付属改良して走行

するも、昭和20年のレール供出で営業を停止。復活の願いも虚しく昭和26年に

バス便開通にて、翌27年4月に廃業・廃線となる。



平成30年度  大阪メトロ 開業


大阪市では公道を走る路面電車が明治36年の築港線の開業から逐次拡張。

他にバスやトロリーバスが交通手段として利用された。但し将来的に大量輸送

を模索した中で公道路面からの地中化をした物が、昭和8年の
地下鉄御堂筋線

の一部に始まる市営交通の発展である。既に9路線にもなり大阪市郊外にも路

線は延び、その公益を考えれば民営化は一つの選択肢であった。




なかなか思うように講義レポートはまとまりません。拙いながらも「それなりに」で

ご容赦ください。雑学もいろいろと楽しく受講でき、ありがとうございました。

|

« 晩秋の斑鳩から安堵の里へ | トップページ | フラワーロード »

ガイド養成講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研修講座 5回目:

« 晩秋の斑鳩から安堵の里へ | トップページ | フラワーロード »