« 2018年12月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年2月

2019年2月17日 (日)

歴史の町 安堵町から廣瀬神社(砂かけ祭り)へ

第58回 JRふれあいハイキング

「歴史の町 安堵町から廣瀬神社(砂かけ祭り)へ」

平成31年2月11日(祝・月)  JR法隆寺駅改札前受付  9:30~順次スタート

                     参加者 
68名     スタッフ 19



数日前からの天気予報(冷・雪・雨)のせいか、参加者の出足も少なめ。
それは

れでよいことも!少人数のゆったりしたおもてなしができるのでは・・・。

出発待ちの間、良くお見かけする参加者のダンデイなM氏との会話をご紹介。

「おはようございます。随分早くお見えになったのですね。お近くの方ですか?」

「枚方からです。初めて安堵に来たとき以来、人情味溢れるガイドのファンにな

り、折々に こうして参加しています。」  「ありがとうございます。」

朝いち から何よりのお言葉を頂き、観光ボランティアの会代表は大感激!


改札口前の受付の様子

Sdscf3404



写真、7班の周辺は「奈良・人と自然の会」28名のグループ参加。

Sdscf3408
 


小道を成福寺跡へ向かう一行

Sdscf3409

ほぼ満開の白梅がお出迎え

Sdscf3413



成福寺跡

「太子道」の石碑には誰の悪戯か・・太の字の右上に黒い落書きが。

Sdscf3416



上宮遺跡公園

Sdscf3417

Sdscf3420


駒塚・調子丸塚(写真指さしの方向)の説明

Sdscf3422


富雄川にかかる新業平橋

Sdscf3425


善照寺山門

Sdscf3426

「冨生の松 凄い!こんな松、初めて見たよ。

Sdscf3429


広峰神社

Sdscf3432


太子道(筋違道)の案内板

Sdscf3434


安堵町歴史民俗資料館    

天理軽便鉄道ラストラン記念日(2/11)に合わせ模型の展示や試運転が。

Sdscf3437

Sdscf3438

Sdscf3439


極楽寺山門

Sdscf3441

阿弥陀如来坐像が安置されている本堂へ。ほのかな紅梅が春を!

Sdscf3447



飽波神社  鳥居「安久波社」の文字は富本憲吉が揮毫

Sdscf3450


大道教の施設で昼食     「
お土産に手作りグッズはいかがですか?」

Sdscf3454


廣瀬神社(砂かけ祭り)の説明後、出発・・・ここで小雨が;;;

Sdscf3456


聖徳太子のモニュメント


Sdscf3460



「廣瀬神社」

大和川にかかる御幸橋を渡ると河合町。西名阪の下をくぐり、紅白梅の花を

見ながら正面にみえる廣瀬神社の森を目指して・・・。

Sdscf3462

太皷の響きの中を、神社横の小さな橋から参道へ。

Sdscf3464


砂かけ祭り   
午前「殿上の儀」・午後「庭上の儀」 

天候に関わらず行われる神事。例年に比べるとやはり境内の人の数も少な目。

Sdscf3470

 砂がかかると一年間無病息災とか。かかりたけど砂に背をむけ「キャー!」

Sdscf3476

砂を拡大してみました。・・・今年の砂は湿気を含み砂団子!?

Sdscf3481

最後まで、見ていると帰りが遅くなりますので14:20~40くらいを目安に順次

駅へと向かいました。皆さまに砂かけのご利益がありますように。



今日ご参加いただいた方のお声をすこしご紹介致します。

一番遠方からの方は東京でした。 「連休を利用して、こちらの方へ遊びに。」

「安堵のような風景は明石の方では見ることがなく、安らぎました。」

「六甲は雪だったけど、こちらは小雨くらいで。来て良かった。」

終始仲良くご一緒だった明石と神戸のお二人、てっきり友人かと思いきや、この

ウォークで知り合われたとのこと。  まさに一期一会ですね!」

また、駅への帰り道でも、ちらほらと嬉しいお声が・・・。

「こんなふうに、ガイドしてもらった場所は、ただ歩くだけではなく、必ず印象深

い場所になります。」

「私は安堵の役場の何階からか見学した時のウォークに参加して以来、安堵

ガイドさんのウォークが一番だとアンケートにも書いていますよ。」

             (2016年の町制30年のウォークでしょうかね。)

今日は出発前のM氏のお言葉から帰り道のお声まで、お世辞半分とは思いつ

つも、ガイド冥利に尽きる温かいエールを頂きました。まだまだ知識など未熟な

ところは多いと思いますが「おもてなしの心」だけは大切にして参ります。

有難うございました。                安堵観光ボランティアの会一同





































































| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年4月 »