« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年10月

2019年10月19日 (土)

天理軽便鉄道の跡をたどる

~観光ボランティアガイドと歩く・なら~

天理軽便鉄道の跡をたどる

令和1年10月13日(    JR法隆寺駅 改札前 受付(9:00~9:30) 

解散 近鉄平端 と JR小泉 で途中からコースが変わります。(ブログは平端コース)

参加者数 61名  スタッフ 16

 

台風一過。心配された雨もなく 何とか無事にウォークができました。このブログを書いている時も、各地で甚大な風水害を及ぼした台風19号のニュースが入ります。冒頭にまず被害に遭われた皆さまに心からのお見舞いを申し上げます。

 

法隆寺駅 受付
Sdscf3764 


天理軽便鉄道跡(新法隆寺駅)遺構
Sdscf3771
 
遺構レンガ部分のアップ写真です
Sdscf3772

斑鳩の田の中の遺構
Sdscf3776

現在の大和路線の電車を左手に見ながら!
Sdscf3780 

下の写真は土手状に残っている天理軽便鉄道跡
Sdscf3783


木戸池の遺構を望む  草を刈って頂いたので池を半周することができました。
Sdscf3786

雲が重たい空模様  池の水も満々と やはり台風の影響でしょうか
Sdscf3791

西安堵の集落沿いの小道
Sdscf3793

布留街道に残る道標地点  写真には写っていませんが道路の舗装工事で下の方は土の中に埋もれています。

Sdscf3794

飽波神社
Sdscf3797

Sdscf3798

大和安堵駅(飽波神社の北の方角)があった所から東への道をたどる
Sdscf3800

八王子神社の小さな祠が
Sdscf3801
Sdscf3799 


安堵町歴史民俗資料館

前の田には古代米が稔っています。稲刈りが終わると裏作で灯心用の藺草が植えられます。
Sdscf3802

Sdscf3805

門の中では「古代米のおかき」「匂い袋」などが販売されていました。
Sdscf3806

灯心引き保存会による灯心引き実演を見学
 左側の小部屋で・・・写真は見学のかたばかりが写って・・・残念
 Sdscf3807
 
展示された生活の道具の数々に思わず「懐かしい~!」
Sdscf3808

安堵町文化観光館「四弁花」 昼食タイムです
Sdscf3809

写真右手には富本憲吉生家を宿泊施設としてリニューアルしたTOMIMOTOがあります。
Sdscf3810

極楽寺
Sdscf3814

Sdscf3815

Sdscf3817

東安堵の田園の中から、軽便鉄道が走っていた辺りを望む
Sdscf3818

舟墓山融通寺   額田部にある古刹

Sdscf3819

Sdscf3820 

Sdscf3821

天理軽便鉄道跡の道路 額田部駅があった周辺

Sdscf3822

平端駅前へと続く道路 もちろん天理軽便鉄道跡です。
Sdscf3824

平端へ到着しました。左手奥が近鉄平端駅舎です。大正11年大軌天理線が開通したのに伴い、新法隆寺からの天理軽便鉄道は平端で折り返し運転となりました。写真のロータリー部分は転車台があった場所です。

Sdscf3826


お疲れさまでした。どうぞお気をつけてお帰りください。またお会いできますことを念じております。有難うございました。            安堵観光ボランティア一同





 

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »