« 2019年10月 | トップページ | 2020年2月 »

2019年12月

2019年12月14日 (土)

JRふれあいハイキング 大和川の歴史と安堵の田園風景を歩く

JRふれあいハイキング

大和川の歴史と安堵の田園風景を歩く

令和1年12月8日()9:30   JR大和小泉駅改札前 受付・順次 出発

参加者 48名  スタッフ 11名     合計 59


受付準備完了スタンバイ
Sdscf3834

受付・・・中家住宅入館の方が48名中 34名   ウォークのみ14名でした
Sdscf3838

駅前広場   「1班 出発しま~す!」
Sdscf3839 

浄蓮寺門       (天誅組・青木精一郎が住職だった)
Sdscf3842 


椎木町 杵築神社
 
 
積んである藁は春日若宮おんまつりに奉納のため氏子の皆さんが真菰(まこも)で作った敷物。
Sdscf3845 

杵築神社境内 写真左は光堂寺(本尊は木造薬師如来坐像)
Sdscf3849

神社本殿   県指定文化財で三間社流れ造りの檜皮葺き
Sdscf3850

写真中央の白壁 宝蔵(天文23年・1554年の銘文あり)で経典などが収蔵されている
Sdscf3851


工業団地(昔は広大な大池だった)南側に残る小玉池周辺には古墳が点在している。
Sdscf3854 


舟墓山 融通寺   山号の由来は額田部氏の古墳「舟墓」による
Sdscf3855

融通寺(開基は元禄元年)  本堂
Sdscf3856

鎌倉墓(額安寺五輪塔)

8基は国指定重要文化財  内2基は源頼朝・妻の政子の墓とも言われていました。昭和57年の解体修理で左側の大きな五輪塔地下から額安寺で得度、復興や貧者・病者の救済など慈善活動をした僧・忍性菩薩の骨臓器が発掘されました。

Sdscf3857

推古神社
 
祭神は豊御食炊屋(とよみけかしきや)姫命→推古天皇。本殿は全長40mに前方後円墳「推古神社古墳」の上に建てられています。推古天皇の幼名は額田部皇女で額田部氏との関係の深い女帝。
Sdscf3861

額安寺(かくあんじ)
 
聖徳太子が建立した学問所「熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)が始まりと言われています
Sdscf3864
 
本堂正面の屋根瓦は修復のときに古くからの瓦を使用。 「ほんとだ。歴史の息吹を感じる甍だね!」
Sdscf3865

大和川 

水運の魚梁船(やなぶね)が往来した板屋ヶ瀬浜を望む。喜多嘉兵衛家が荷継問屋。

Sdscf3868


東窪田自治会館


屋内外でゆっくり昼食休憩ができました。ありがとうございました。

Sdscf3869

中家住宅  大和を代表する美しい大和棟の中世の環濠屋敷

総面積3500坪の宅地(竹藪・溜池・濠)と、ほとんどの建造物が昭和43~53年に国の重要文化財に指定されています。

Sdscf3872 

屋敷正門に続く橋(取り外し可)の説明
Sdscf3879

表門屋
Sdscf3888

主屋の大和棟を仰ぎ見る皆さん   「萱拭きの職人さん、なかなか居てへんやろ」
Sdscf3880

天正(1576年)と安永(1774年)の梅干し 
      
興味深そうに覗きこみながら「古いなぁ~! 食べれるのかな?」
Sdscf3884

指をさしている上の天井に四角い穴が・・・煙出しの屋根に通じている
Sdscf3881

11基の勾玉状のかまど   中央に座り焚口を一人で管理できます
Sdscf3886

中家の内堀と外堀の間にある竹藪に沿った道を持仏堂
Sdscf3887

馬場塚   馬場美濃守信房の供養塔と言われる
Sdscf3897_20191214212001

中窪田 杵築神社 本殿は1810年ごろ春日若宮造営の折の旧本殿拝領したもの
    

窪田大宮と呼ばれる窪田全体の総氏神。
昭和35年大和川改修の流路になるため現在の地に移転
 Sdscf3900

窪田の大きな通りをフラワーロードに向かって・・・
Sdscf3902

観光ボランティア氏により手入れされたフラワーロード葉牡丹の花壇
Sdscf3903

飽波神社   

安堵総社と呼ばれる東・西安堵の氏神。前の道は太子道で雀の民話や聖徳太子の腰掛石など、聖徳太子にゆかりの深い神社。拝殿に残る「なもで踊り図絵馬」1756年)をもとに復元された「なもで踊り」が秋祭りには奉納されています。

Sdscf3905

鳥居扁額「安久波社」の文字は人間国宝・富本憲吉の揮毫
Sdscf3906

新たに国の登録有形文化財に指定された西安堵の「荘司家住宅」
Sdscf3907

木戸池の天理軽便鉄道跡などを歩き法隆寺駅前の遺構で本日のウォーク終了!
Sdscf3912 

今回のウォーキングに参加して下さったお客様の声をお伝え致します。

*「安堵町」と言う名前が素晴らしい響きで心が魅かれて参加しました。「堵」の字には右上の点があるのか?ないのか?・・・どちらもOKと答えました。名前の由来(吉田先生説)をお伝えすると、ますます安堵が気に入った喜んで居られました。

*ウォークをしながら
金剛・葛城・二上の山々さらに明神・信貴・松尾山などを望みながら話が弾みました。

*富雄川を渡りながら、ふと振り返ると天理方面の山にかかる虹を発見!みんなで大喜び。写真を撮る間もなくたちまち消えてしまいました。

*電車から見える斑鳩の田の堤防上の正体が天理軽便鉄道跡と分かり納得。桜並木にしたら美しいのにね!



ご参加いただきありがとうございました。 寒くなりますので、お風邪などひかれぬよう良いお年をお迎えください。2月11日の砂かけ祭りウォークにも是非お出でください。 お待ちしております。                  安堵観光ボランティアの会 一同

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

産業フェスティバル

第28回 産業フェスティバル
                    
           令和1年11月23日(土・)   於:安堵中央公園&体育館

例年カルチャーセンターで開催されていましたが、今回は安堵中央公園$体育館での催しとなりました。お隣のブースには初参加の名鉄運輸。スタッフの方が机の設置など、ご協力して下さいました。(ありがとうございました!)

9時半の開催を待つ安堵観光ボランティアの会
 手作りグッズが机いっぱいに並びました

84名の人々が私たちのブースに立ち寄って、グッズを手に取りお買い上げ。


Sdscf3828


10月の観光ボランティアと歩く・ならJRハイキング

「天理軽便鉄道跡をたどる」の写真パネル展示と案内資料配布

Sdscf3829 

その内24名の人々がパネル展示を見ながら、説明を熱心に聞いてくださいました。

Sdscf3831

農産物販売・食べ物コーナー・「ねこじゃらしの会」「灯心保存会」など多くのブースの他にも今年は広場で「かかしコンテスト」が開かれ多くの力作が並びました。

午後は「なもで踊り」「キッズダンス」「歌謡ショー」など楽しい時間を皆さん楽しんでいらっしゃいました。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2020年2月 »