カテゴリー「JRふれあいハイキング」の51件の記事

2022年3月31日 (木)

JRふれあいハイキング 「斑鳩から安堵の里へ 満開の桜を歩く」

JRふれあいハイキング

「斑鳩から安堵の里へ 満開の桜を歩く」

日時 2022年3月27日() JR法隆寺駅改札前 午前9:30集合  午後2:30解散

参加人数   参加 26名 + スタッフ 11名   合計 37

 

一週間前の天気予報では雨、桜の蕾は固く「どうしよう?」昨日は夜まで雨。せめて曇りにでもと祈るような思いで朝を迎えました。晴れています。暖かい春です。桜は微笑んで私たちを待ってくれているでしょうか?

 

ご予約いただいた皆さまが次々と集合してくださいました。

Sdscf4427

Sdscf4429

 

法隆寺駅近くに残る 天理軽便鉄道遺構」

Sdscf4473

 

「綺麗ね!モクレンかな?」 「コブシの花かも?」

Sdscf4430

 

JR大和路線と並行して残る天理軽便鉄道跡の道を辿る

Sdscf4432

 

田畑の中の軽便鉄道レンガ遺構

Sdscf4433

 

「成福寺跡」聖徳太子晩年の飽波葦墻宮との伝承がある

Sdscf4434

 

「上宮遺跡公園」 案内板 歌碑めぐり

Sdscf4436

Sdscf4437

 

公園内の桜は少し控えめに開花

Sdscf4438

 

駒塚古墳(写真左端の木立)  調子丸古墳(写真中央左の木立)

 聖徳太子の愛馬「黒駒」    黒駒の轡をとった太子の従者

Sdscf4440

 

「新業平橋」 これから辿る業平道に因み「在原業平」の逸話などで盛り上がる

Sdscf4441

 

「善照寺」   「冨生の松」

「見事な松!」「根が凄いね!」「せめて松葉に触って運気を頂こう!」

Sdscf4443

 

境内の「寒緋桜」鮮やかなピンクが青空に映えて

Sdscf4444

 

上ばかり見とれていたら足元にも大輪の「ラッパ水仙」が。

Sdscf4447

 

本堂の裏庭にも色々な桜が・・・「薄墨の枝垂れ桜かな?」

Sdscf4446

 

「広峰神社」 この地も飽波葦墻宮との伝承があります。

Sdscf4449

 

無患子(ムクロジ) 逆光でしたが何とか撮れました。

Sdscf4450 

ちょっと待って。無患子は高木で落葉樹のはず。

上の写真の無患子の実は高い木の上から落ちて他の木の葉に引っかかっていました。

Sline_p202244_194833_1

 

「業平道」から「法隆寺五重塔」写真の中を眺望

Sdscf4451

 

安堵町内の業平道を天理方面に向けてウォーク

Sdscf4452

 

「岡崎川①」北から南へ ソメイヨシノ・雪柳・水仙

Sdscf4456

 

「ワー!綺麗。この橋の上から見たら最高。ちょっと写真を。」

「青い空、ピンクの桜、真っ白な雪柳、金雀枝の黄色が水面に映って絵のよう。」

「車が通りますよ。気をつけてください。」 「何よりのお花見ウォーク日和」

Sdscf4477 

 

「凄い工事だね。何ができるの?マンション?」 「物流施設らしいですよ。」

Sdscf4458

 

「岡崎川②」東から西へ安堵中央公園沿いの並木道  提灯の短冊には町民の願いが書かれています。

Sdscf4461

Sdscf4462

 

「亀が居る!ほら、あそこにも」  「鯉もいますよ。水鳥も遊びに来ますし」

川辺のブロックで暖かな陽射しを受けて甲羅干し。写真では見えにくいのが残念。

Sdscf4464

***安堵中央公園での昼食タイムを終えて午後のウォークへ***

 

「御霊神社」 御霊信仰に基づいて創建されたものだが由緒などの伝承不明。境内に天保6年の狛犬がある。

Sdscf4466

 

「この樹、倒れているの?」「でも、根っこが地中について枯れては無いよ。」

「風が強いのでどの樹も斜めになってるみたいですね。」 「風も樹も自然の力って凄いなぁ。」

Sdscf4469

 

富雄川沿いの桜並木の堤防へ

Sdscf4470

 

「いい気持だ!」「来て良かったなぁ」

Sdscf4471

 

「もうすぐ駅ですよ。お疲れではありませんか?」

「大丈夫。春を満喫しました。」 「暖かく何よりだったね。」

Sdscf4472

 

「楽しかった。ありがとう。」 「また、いらしてくださいね。有難うございました。」

Sdscf4475_20220330233701

 

 

皆さまのおかげで素敵な楽しい一日を過ごすことができました。道すがら「土筆」や「すみれ」を見つけて喜んでくださった女性グループ。 「安堵町の安堵の由来は?」 説明した諸説の中で 「私は聖徳太子さんが法隆寺が見える此処にきて『安堵した』の説が一番好きやわ。」 歩きながらの会話も印象に残りました。

まだまだコロナ禍・ウクライナのニュースなど悩ましい事が多い世の中ですが、お元気でお過ごしください。またお会い出来る日を心待ちにしております。次回の予定が決まりましたら、このブログでもご案内させて頂きます。是非、ご参加ください。   安堵観光ボランティアの会 一同

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年12月10日 (金)

JRふれあいハイキング 晩秋の斑鳩から安堵町へ

JRふれあいハイキング 晩秋の斑鳩から安堵町へ

「聖徳太子ゆかりの地と紅葉の竜田公園」

令和3年12月5日()JR王寺駅中央出口 9:30 受付・出発       JR法隆寺駅 14:30到着予定 順次流れ解散 

参加者 20名 (2グループに分ける) スタッフ11名 (午前と午後で担当を引き継ぐ)

 

王寺駅 受付

雪丸も感染予防マスク着用もちろん参加の方の検温・消毒は実施。
S15202340171874

S15202369902725

S15202369956330

圓通山 融念寺

予定には有りませんでしたが「タモリ」の番組で紹介されていました。事前予約が必要ですので、門前にて少しだけガイドを。平安時代の地蔵菩薩と観音菩薩像は大変立派な仏像です。
S15202385423332

神岳神社(かみおかじんじゃ)

急な坂道と階段を登り三室山中腹の神社へ。延喜式の神名帳に記載がある古代の神奈備としての信仰の地かと推測される。

「暖かくなって来たなぁ。上着を脱ごうか!」

S15202438280981

奉納された数々の絵馬が納められた絵馬堂
S15202438380474

神社拝殿 奥の一段高いところに白壁に囲まれた本殿が有る
S15202438432570

ゆるやかな坂道を登り三室山頂上
S15202438475515

山頂に到着 皆さんスマホカメラで撮影

「わぁ綺麗。向こうに見えるのは信貴山?生駒山ですか?」

「桜の三室山も綺麗だけど 紅葉もいいね」
S15202438532248


竜田公園

紅色の堂山橋の向こうは龍田城跡へと続く道
S15202438700242

「わぁ~大きなドングリ見つけた!」 紅葉の落ち葉をそっと拾い上げたりしながら晩秋を満喫
S15202438742425

色鮮やかな紅葉の木洩れ日のなか、片桐且元の居城跡で歴史のロマンを偲ぶひととき
S15202439700221

龍田神社

龍田大社に対して新宮・龍田神社と呼ばれ、聖徳太子・法隆寺とのゆかりの深い神社。
S15202439764820

境内には「金剛流発祥の地」の碑や県の記念物に指定された蘇鉄の巨樹がある。
S15202439807629

新年のしめ縄作り・・・熟練の技を若いひとに指導・伝授
S15202439846480

真剣な眼差しで小さなしめ縄を作って行く若いひと。見学する方も思わず力が入り、新年に向けての新鮮な気持ちになった。
S15202439911574

藤の木古墳

6世紀後半に築造された直径約50m以上・高さ9mの円墳。国の史跡指定を受け、出土品は国宝に指定された。被葬者については諸説あるが定説はありません。
S15202439950744

斑鳩文化財センター

斑鳩町の貴重な文化財を調査・研究し情報を発信する拠点。建物内の展示ブースは藤の木古墳を内部を模して作られ、出土した副葬品のレプリカが展示されている。玄関脇にある朱塗りの箱みたいな物は古墳内部にあった家型石棺のレプリカ
S15202440051670


・・・・・昼食タイム。ここからは午後の担当者に引き継ぎます・・・・・

 

上宮遺跡公園

平成3年のふるさと創生の公園整備事業で発見された奈良時代の大規模遺跡群跡に作られた歴史公園。
Simg_4273

ガイドの説明を聞く皆さん・・・マスクを着用しソーシャルディスタンスを守っってコロナ対策はバッチリです。
Simg_4275


出土した遺跡についての説明。「整備されていますね。満点星(どうだんつつじ)の赤がとても綺麗。」
Simg_4276

公園内の歌碑のひとつ「ちはやぶる かみよもきかず たつたがわ からくれなゐに みずくくるとは」詠み人の在原業平は平安時代前期の歌人で六歌仙・三十六歌仙のひとり。美男子の代表格で伊勢物語の主人公と言われています。
Simg_4279

高安天満宮

業平が河内(八尾)高安の姫のところへ通う道筋にある村落。娘たちは業平に連れていかれぬように鍋墨を顔に塗りわざと醜くしたそうです。後の村人たちは業平のことを忘れないよう地名を「高安村」と改めたと伝えられています。ちなみに地区内の富雄川に架かる橋は「業平橋」と名づけられています。
Simg_4280

天満宮へお詣り。願い事は何ですか?
Simg_4285_20211209231501

龍華山 善照寺

応仁元年に創建された浄土真宗本願寺派の寺院。江戸中期に本山から寺号と康雲作の阿弥陀如来像(本尊)が下賜されたと伝えられています。境内の「冨生の松」は根上がりの松とも言われ縁起が良いと商売人などから信仰を集めました。本殿回廊の端にある「半鐘」も秀作とされ、蓮如上人直筆の六字名号(南無阿弥陀仏)は寺宝として保管されています。
Simg_4286

きらびやかな本堂の内陣
Simg02151_hdr-1

冨生の松   

写真は今年の10月17日の住職継職奉告法要の時。緑の松が色鮮やかな五色の幕や仏旗に映えたいつもとは違う美しさをお届けしたくて、ブログに掲げさせて頂きました。

Simg02140_hdr-1

広峯神社

聖徳太子とゆかりのある神社で町内の飽波神社の従前地と伝わっています。神社の前を東西に通る道は「業平道」と呼ばれ、鳥居の傍らには「業平姿見の井戸」がひっそりとあります。
Simg_4289

無患子(ムクロジ)の実を拾って見せ合って、ちょっと楽しげ綺麗に掃除された境内に落ちている実はほんの少し・・・。
Simg_4291

太子道    

聖徳太子が往来した斑鳩宮から飛鳥の小墾田宮へと続く約20kmの道。条里制の南北方向の地割りに約20度傾いているので、「筋違道」とも呼ばれている。道沿いには太子ゆかりの伝説が多く残っている。写真左側のとんがり屋根の「安堵こども園」に沿って南(写真奥の建物の方向)へ続く町内の太子道の説明
Simg_4293

ここから後は西安堵環濠を見て・・・と最終の段取りを説明。
Simg_4294

雲が多くなって来ましたが、雨の心配は無さそうです。雲の下に見えるのは金剛・葛城・二上の山並みでしょうか?見る方角で山の景色がちがいますね。
Simg_4296

天理軽便鉄道跡・木戸池遺構

池の周辺の草刈りのお蔭でで、ひっつき虫(雑草の種)の心配もなくフェンスの傍まで近づき遺構を見ることができました。(写真左側フェンスの上)の水面にある堤防。あの上を軽便鉄道が走っていました。途中で途切れた所は小さな鉄橋でした。
S15202440199623

写真はこれで終りです。

 

・・・・・まとめの感想・・・・・ 「赤文字」は参加者のお声

軽便鉄道跡を歩きながらお一人の無口な男性がボソッと漏らした言葉が印象的でした。

「『ドラえもんのどこでもドア』が無くなっている」

「斑鳩(アルミサッシ会社)の屋上に設置された「何でもドア」当時はネットや新聞でも随分話題になりました。いつなくなったのかなぁ?私が気づいたのはひと月ほど前だったような気がしますが。どうしたんでしょうね。

「軽便鉄道の線路跡の様子が変わっている。」

私有地が多いので変化は多いと思う。何回も参加なさっているとおっしゃる方の鋭い気づき。もしかして安堵観光ツアー(?)のファンかも?と思いながら確かめられなかったのが残念。他の方のお声もいくつか ご紹介致します。

「歩くだけでなくガイドさんが詳しく説明してくれて良かった」

「200円の参加費は安い。もう少しアップしても良いのでは!」

「また来ましたよ。これで2回目です。」

「コロナ禍で巣ごもり生活でしたが、紅葉も見られ気分転換が出来ました。」

 

リピターの方もご参加下さり嬉しいことです。背筋を伸ばさなくてはと今更ながらに反省。三歩進んで二歩下がるでも前進しなくては。年末年始を控え新型ウィルスのオミクロン株が国内に侵入。お互いに基本のコロナ対策を実行しながら元気で年を越せますよう。そして来年も笑顔でお会いできる日を楽しみに!ありがとうございました。安堵観光ボランティアの会 一同

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

JRふれあいハイキング 斑鳩から安堵の里へ 満開の桜を歩く

JRふれあいハイキング

「斑鳩から安堵の里へ 満開の桜を歩く」

令和3年3月28日()  JR法隆寺駅改札前  9:30~順次出発

 

今年の桜は開花予想のとおりの花便り一方ではコロナ第4波の兆しと共に雨の天気予報も的中。 

参加予約申し込みの受け付けもキャンセルの連絡などが相次ぎ参加者は町内参加者6名を含む10名と少し残念な出だしとなりました。


法隆寺駅改札前受付  

Sdscf4200

駅近くの桜を見上げ「このまま空模様なら良いのにね」

  「どうか雨が降って来ませんように」

Sdscf4202

塀越しの桜のあぜ道を「上宮遺跡公園」へ

Sdscf4207

上宮遺跡公園

Sdscf4211

公園内の歌碑めぐり

「ちはやふる かみよもきかず たつた川 からくれなゐに 水くくるとは」(在原業平)

Sdscf4213


満開の桜

Sdscf4215

歌碑めぐり

「しなてるや 片岡山に いひにうゑて ふせる旅びとあはれ 親なしに なれなれけめや さす竹の きみはやなき 飯に飢ゑて こやせる旅人 あはれあはれ」(聖徳太子)

Sdscf4216

善照寺  冨生の松 太鼓楼 蓮如上人像

Sdscf4221

鐘楼 戦時中に供出された釣鐘が終戦を迎え無事に帰って来たので「幸運の鐘」とも。八重桜の開花も間近

Sdscf4223

本堂へ手を合わせ、雨が降らぬ内にと先を急ぐ

Sdscf4225

陰陽師 蘆屋道満ゆかりの 
夜法会(ヤップ山)

道満の墓所とも屋敷跡とも伝えられている

Sdscf4227

広峰神社  

このあたりは古くから飽波と呼ばれ聖徳太子ゆかりの「飽波蘆垣宮」との伝承も有る

Sdscf4229

広峰神社から東西へ延びる「業平道」案内板

「伊勢物語」のモデルとも言われる在原業平のエピソードを語るガイド

Sdscf4230

岡崎川の桜並木  曇り空が泣き始めました

Sdscf4232

桜と雪柳、黄色く垂れているのはエニシダでしょうか?

Sdscf4236

安堵中央公園 東屋にてランチタイム

Sdscf4241

「雨のなかの桜も風情があるね。」

   「晴れてたら最高だったのに!」

Sdscf4243

Sdscf4246

Sdscf4249

岡崎川に別れを告げて
笠目の富雄川堤防

コロナで地域の桜まつりも中止。せめてぼんぼりと地域の人が!

Sdscf4251

笠目「御霊神社」 伝承が残ってなく由緒は不詳

境内に天保6年奉献の銘文のある狛犬がある

Sdscf4257

Sdscf4258

Sdscf4259

Sdscf4260

少人数ではありましたが、私たちにとりましては貴重なお客様。静かな春雨の中をご一緒に満開の桜を愛でながらのウォーキングは心に残る時間となりました。ありがとうございました。

コロナ第4波も取りざたされていますが、どうぞお元気でお過ごしください。またお会いできます日を心待ちに致しております。  安堵観光ボアンティア一同

 

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

JRハイキング追加申し込みの受付に関するお知らせ!

R3年3月28日 JRふれあいハイキング 

「満開の桜の道を歩く」

  追加申し込みの受付に関するお知らせ!

お水取り・お彼岸と日を追うごとに春の陽気が満ち溢れ、桜の花咲く日が待たれる今日このごろ

皆様には、お元気で日々お過ごしのことと存じます

表題の件、コロナ禍の中にも関わりませず野外での活動とあり早速のお申込み頂き有難うございました。

定員にはまだ少々ゆとりがありますので、ご希望の方は下記の連絡先までご連絡いただければ幸いです。

なおいつものように当日受付も可能かと思われますので是非、多数のご参加を一同お待ち致しております。

申し込み連絡先 携帯 090 9619 2010  (大西)

      安堵町商工会 0743  57  1524                             

                                以上

 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

JRふれあいハイキング 安堵に残る戦国史跡 「筒井順慶の足跡をたどる」

 JRふれあいハイキング

安堵に残る戦国史跡  「筒井順慶の足跡をたどる」

    

令和2年12月6日() 9:00~受付  JR法隆寺駅改札前    9:30~順次 出発

              14:00~    JR大和小泉駅 到着   順次 流れ解散

 



朝夕はさすがに冷えますが、昼間は暖かい陽ざしに恵まれコロナ禍を吹き飛ばすようなハイキング日和の中、各地から多数ご参加頂きました。

参加者 52名  スタッフ 14名   合計 66名

 

 

受付では色々なお声を聞くことができました。検温・消毒などの傍らで他のスタッフが対応。 

    (参加者の声)   (スタッフの声)

「『安堵』の地名の由来は?」

「『聖徳太子ゆかりの飽波葦垣宮が在った』『垣根に囲まれた安らかな土地』『法隆寺が見える所まで帰って安堵した聖徳太子の気持ち』『阿土・・低地を意味する』」などなど由来する諸説があります。 

「安堵が大好きでいつもブログ楽しみにしています。私のリュックの写真が載ってましたよ!」

「ブログご覧頂いてるのですね。有難うございます。励みになります。」

「安堵町って奈良県の何市?」

「生駒郡4町の中の一つ。西和7カ町の合併が上手くいかず自助努力で頑張ってます!」

「大和郡山市との合併 無かったんだね。」

「中止が多い中で、問い合わせしたら実施とのことで嬉しかった!」

「ご参加ありがとうございます。一日お楽しみください。」

 


法隆寺駅改札前 受付

Sdscf4121


「さあ、1班出発しま~す!」

Sdscf4124

 

「この道が天理軽便鉄道跡です。」

Sdscf4128

 

「屋上にある赤い扉。あれは『なんでもドア』と言う名前で会社の皆さんの物づくりの思いを表したとのことです。」

「あっ!少し開いているいるね。ドラえもんの『どこでもドア』だったらいいのにね」

Sdscf4131

 

「ここが天理軽便鉄道の木戸池遺構です」

Sdscf4135

 

JR大和路線の南側(写真手前)天理軽便鉄道橋脚跡が残る木戸池の中の堤防

「あの堤防の上を電車が走っていたの?」「ほんとに狭いよね。ビックリ!」

Sdscf4140

 

天理軽便鉄道「大和安堵駅跡」付近

「僕らこどもの頃、もう駅は無かったけど、この通りにはいろんな店が在ったんですよ。今は何にもないけれど!」

「へぇ~。もともとは駅前商店街やったんですね?!」

Sdscf4144

 

安堵城跡  (写真は八王子神社)

「現在の町役場南側から歴史資料館への一帯が安堵城があった場所です。江戸時代には土塁があちこちに残っていたそうです。筒井氏と姻戚関係にあった安堵氏は筒井氏家臣として安堵城を本拠に松永久秀と戦いましたが、1569年落城しました。」

「戦国時代、安堵町に松永久秀に敗れた武士がいたのですね。『安堵氏』初めて聞いた名前。」

Sdscf4146

 

妙知山 大宝寺 

「筒井氏家臣である安堵氏の持庵であった経緯から境内には『筒井順慶供養塔』が残されています。」

Sdscf4148

大宝寺境内

Sdscf4149

 

安堵町文化観光館「四弁花」広場より安堵城別館(後方左手の建物)

「安堵氏の居城であった安堵城の別館と言われています。後に人間国宝第1号となった陶芸家富本憲吉の生家として旧富本憲吉記念館になりました。現在は料理旅館『うぶすなの郷TOMIMOTO』となっています。」

Sdscf4150

 

平楽寺  

「聖徳太子開祖の古寺を順慶の叔母ヲコイ(良明比丘尼)が再興したと伝えられてます。現在は廃寺となり「地蔵堂」として地域の寺垣内の人々が管理しておられます。これからは歴史民俗資料館に仏像などはお預かり頂くことになりますので、今日お会いできますのも仏縁かと・・・。ごゆっくりご覧ください」

Sdscf4152

「ありがとうございます。中に上がらせていただいて、しっかり仏像を拝見できました。地元の方々の努力で守られてきたのですね!」

Sdscf4154

 

案山子公園の聖徳太子にご挨拶 「わぁ!大きい!」 「信号を渡れば窪田です。」

Sdscf4157_20201208222001

 

窪田の 杵築神社  「杵築神社っていくつも有るの?」

「安堵町では二社。午後から行く大和郡山市には五社あります。」

Sdscf4159

「綺麗な紅葉!ちょっと写真撮りますね。」  「ごゆっくり」

Sdscf4160

 

馬場塚  武田家家臣「馬場美濃守信房」の供養塔と伝わる。

「なんで、武田の武将の供養塔が安堵に?」  

「信房の子供あるいは甥の信久が建立したなど、諸説ありますが、歴史のロマンかと思われます。」

「この辺りには『馬場姓』が多いんですよ。」

「この石の銘文の拓本はとれないの?」 

「文化財に指定されてますし、保護・保存上からも許可がでないと思いますよ。」

Sdscf4164

 

天神神社(別称 五梅宮・左下大明神) 

「筒井氏の氏神として筒井城内に祀られていたものを窪田の地に勧請。中氏が祭祀を受け継いだと伝えられている。窪田には化粧水として大和川の水利権が与えられ、勝手に取水した上流地区からの詫び状などからも当時の様子が窺えます」

Sdscf4167

 

中家住宅 

母屋の大和棟と二重環濠などの特徴があり、国の重要文化財に指定されている。

「中氏は筒井一族であった窪田氏の子孫で窪田一族の中心的存在から『中』姓を称するようになったそうです。現在の屋敷は江戸時代と推定されますが、石垣など戦国時代の窪田城の流れを汲むものです。」

Sdscf4171

Sdscf4174

(写真は勾玉状のかまどから母屋の上がり框を)中家に伝わる天正の梅干しなどを見せて頂く

「優しい笑顔の奥さまですね。」「個人のお家としての維持管理。さぞかし大変なご苦労があるのでしょうね?!」

「先人から受け継いだ文化財遺産・そして何よりもその心を大切になさっているからだと、いつも頭がさがる思いです。」

Sdscf4182

内堀と外堀の間の竹林を通り抜け持仏堂へ

Sdscf4183

持仏堂(正面)と庫裏(右手)  「立派なもんだなぁ!」

Sdscf4187

 

・・・昼食タイム 「東窪田自治会館」 写真が無いのが残念ですが、いろいろな会話が・・・

「儂なぁ、昔ここいら辺りをプロパン配達して回ってたんよ。懐かしいなぁ」

「往復の電車賃も要るし、出来るだけ無料か安い所を探して参加してるんやけど、今日の300円は値打ちあるわ。」

「中家拝観させてもらって、これだけ盛りだくさんな内容で大満足です。」

「ここの使用料も要るんでしょう?」

「少し厳しい運営ですが、皆様の喜んで頂けるお声で満足です。営利目的ではないボランティアですので、元気でご一緒に歩けることが嬉しいです。」

 

 

良福寺文殊堂 ご本尊「獅子に乗った文殊菩薩座像」は奈良県文化財に指定されている。

Sdscf4189

 

 

大和郡山市椎木の「杵築神社」 

拝殿奥の本殿は室町中期建立。本殿北側の経蔵(天文23年・室町時代)の棟木銘あり。

Sdscf4192

 

光堂寺  杵築神社の北側にある真言宗寺院。聖徳太子創建と伝えられている。

いつも閉まっている本堂の上部扉が開いていました。たまたま年末の掃除の最中とのこと。幸運でした。

「どうぞ、御本尊の『薬師如来坐像』や『四天王像』を御拝観ください」とのお寺様のお声に縁側まで上がらせて頂きました。

「四天王ってどれ?普通は本尊の四隅に立っている持国天・増長天・広目天・多聞天のことだよね。どこにあるの?」

Sdscf4193

本堂奥のご本尊に並んでずらりとある仏様。

「十二神将もいらっしゃるようだし、どれがどれやら勉強不足でごめんなさい。わかりません。」

Sdscf4194

 

汗ばむほどの陽気の中、小泉駅が見えてきました。間もなくゴール!

Sdscf4197

「お気をつけて、お帰りください。又のお出でをお待ちしていま~す。」      

Sdscf4198

「無事、全行程を終了。」   「ありがとうございました。」

「コロナ禍に負けず良い新年をお迎えくださいますよう、お祈り申し上げます。」

                安堵観光ボランティアの会一同

 

  ・・・・・ 次回の お知らせ ・・・・・

R3年3月28日( 歴史ウォーク「斑鳩から安堵の里へ 満開の桜を歩く」

定員50名の予約制ですので、宜しくお願い申し上げます。

詳細はJRハイキング情報誌及びこのブログにてお知らせ致します



| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

JRふれあいハイキング 斑鳩から安堵へ聖徳太子の道を歩く

JRふれあいハイキング

斑鳩から安堵へ 聖徳太子の道を歩く 

 

令和2年9月26日()午前9時~9時半 JR法隆寺駅改札前 受付➡午後3時 JR大和小泉駅 解散予定

参加人数 51名 (入館希望者 31名・ウォークのみ 20名) 及び スタッフ 11名

 

 

JR法隆寺駅改札前 受付

コロナでいろいろな活動が制限される中 少し不安もありましたが、ようやくJRハイキングを再開することができました。

時節柄 何人の方にご参加頂けるか?体温測定など手さぐりのコロナ対策をしながらの受付で ご迷惑をおかけしましたが、片手をあげて「来たで!」リピーターの方、「問い合わせの電話をしても中止が多い中で、『実施します。』と言う返答が嬉しかった」とのご参加者のお声に、スタッフ一同思わず笑顔が。 

Sdscf4040

   

天理軽便鉄道 新法隆寺駅跡近くの遺構

Sdscf4044

斑鳩の田の中・小さな溝にあるレンガ遺構

Sdscf4046

溝脇に咲いていた「露草」

Sdscf4047 

 

「天空のドア?」➡ 本当の名前「なんでもドア」 

サッシドアメーカー(株)斑鳩 寺西社長の遊び心で社屋の屋上に設置されたドア。新聞やネットで評判になり驚いていらっしゃるそうです。ドラえもんの「どこでもドア」をヒントに、自分たちには「なんでも作ることができる」と言う社員たちの気概から「なんでもドア」と命名。ドアの一部が天空に向かい少し開いているのが魅力的ですね。

Sdscf4049

振り返ると屋上の「なんでもドア」が遠くに見えました。

Sdscf4051

 

法隆寺を遠望できるポイントから ピンク〇の中、見えるかな?

Sdscf4056

 

広峰神社 鳥居と無患子(ムクロジ)の木

Sdscf4057

「武者絵の絵馬が掛ってる!」薄暗い拝殿を覗きこんだ人の声

Sdscf4058

参加者の皆さまにプレゼントのストラップ。コロナへのお守りになれば幸いです。

「大切にします!」とのお声も頂きました。

Sdscf4120

 

善照寺  

冨生の松(根上がり松)  「こんな種類の松が有るんですね。ビックリです!」

 

Sdscf4069

本殿を見学  「歴史を感じる古刹だね。」

Sdscf4067

Sdscf4066

「見て!絵天井よ。」

Sdscf4065

 

飽波神社 

正面鳥居の「安久波社」の扁額は 陶芸家(人間国宝)富本憲吉 の揮毫

Sdscf4080

昭和58年、県の有形民俗文化財に指定された「なもで踊り関係資料」説明

「なもで踊りの歌」披露 「お聴き頂きありがとうございました。」

「テープでは無く 生の歌は心が伝わって良かった!」

Sdscf4076

 

安堵町歴史民俗資料館

「わが宿の萩咲きにけり散らぬ間に はや来て見べし奈良の里人」(万葉集)

Sdscf4084

白い彼岸花  資料館まえの古代米の稲穂の傍に咲いている。赤は例年より遅め。

Sdscf4088

極楽寺   本殿 ご本尊 重要文化財・阿弥陀如来像 

Sdscf4090

本殿東のお堂には「広島大仏」と呼ばれる阿弥陀如来坐像が安置されている。

Sdscf4091

 

案山子公園  聖徳太子像(目線の先は法隆寺)の周りの案山子

Sdscf4092_20200928163601

芸術の秋! 案山子公園でも人気の額縁からミレーの「落穂ひろい」鑑賞。

Sdscf4093

 

中家住宅  正面より門屋及び茅葺屋根の主屋を望む

Sdscf4108

大和棟と白壁の飾り柱の美しさが日本の民家シリーズ・記念切手にもなっている。

Sdscf4098

中家奥様が天正時代からの梅干しなどの説明を!

Sdscf4100

勾玉状のかまど 11基もあるのは珍しいそうです

Sdscf4101

持仏堂   敷地内にある中家のためのお寺(現在は無住職)

Sdscf4105

「昔、一度訪れたが、大切に守り継がれた変わらぬ中家の姿に会えて嬉しかった。来て良かった。」

「梅干し・かまど・持仏堂などなど中家のすべてに感動!」と入館された方のお声が心に残りました。 

 

 

額安寺(かくあんじ)  注:がくあんじではありません

聖徳太子が建立した学問所 熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)が始まり。

Sdscf4110

「本堂の十一面観音像に残っていた彩色が美しかったのに感動しました。」

Sdscf4109

 

推古神社  御祭神 豊御食炊屋姫命(推古天皇)

Sdscf4112

本殿は全長40mの前方後円墳(推古神社古墳)の上に建てられている。

Sdscf4113

 

椎木町の杵築神社

Sdscf4115

本殿は 檜皮葺き三間社流れ造り県指定文化財

本殿脇の「宝蔵の鍵がはずれそうで、盗難にあわないか心配です。」とのお声も頂きました。

Sdscf4117

 

光堂寺  杵築神社と同じ敷地にある聖徳太子が草創したと寺伝にあり。

Sdscf4116

 

椎木町の出雲寺(右側の〇の屋根)厳島神社(左側の〇の鳥居)

行程より離れていたので厳島神社の説明を。ご祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)で神仏融合で弁財天と称されている。9月28日には弁財天祭りが地元の人々により今も行われている。「私ら女は玉垣の中へは、入られへんのよ。」と以前、地元の方から伺ったことがあります。女神さんヤキモチ焼きなのかな?

稲穂が黄金色に垂れる田園の向こうを見ながらつぶやくような参加者のお声。  

「大きなお寺や神社より地元の人が大切に守っている小さなお寺や神社の方が好き」

Sdscf4118

「ハイキング日和でガイドさんの説明付のウォーキングを心から楽しみました。説明なしのウォークが多いので とても嬉しかった」

「コロナ鬱が吹き飛び、気持ちが晴れ晴れ!」

「予定時刻通りに小泉駅に着いたのはさすがだね。行程プログラムもしっかりで安心して参加できるよ」

 

随所で皆さまの生のお声を耳にして、「思い切って実施して良かった。」 不安が半分だったスタッフ一同の偽らざる気持ちです。「ありがとうございました。」

次回のJRハイキングは12月6日(日)「安堵に残る戦国史跡・筒井順慶の足跡をたどる」

たくさんの方のご参加をお待ちしております。   安堵観光ボランティアの会一同

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

JRハイキングのお知らせ

*JRふれあいハイキングのお知らせ

聖徳太子の足跡を訪ねて

    斑鳩から安堵へ 古代ロマンの道を歩く

 

上記ハイキングにつきましてはコロナ禍の影響も有り 開催の可否を検討致しておりましたが、リピターの皆さまから嬉しいお声も頂き予定通りの日時で内容を一部変更(密を避けるため 見学中止など余儀なくされた点は ご理解の上、何卒ご容赦ください)・実施することになりましたので、当ブログにて改めてご案内いたします。

 

 

実施日  令和2年9月26日(土)  

集合・受付場所  大和路線 法隆寺駅改札出口  解散 大和小泉駅

受付時間 午前9時~9時半順次出発) 昼食ご持参下さい(駅にコンビニ有り)

参加費  ウォークのみ300円 ・ 入館希望2か所ウォーク500円

受付時に検温(出来れば自宅で体調確認・検温して来てください)各自マスク着用をお願いいたします。

  資料 無患子(ムクロジ)ストラッププレゼント

 

コース

法隆寺駅 出発 → 天理軽便鉄道跡(新聞掲載の企業「斑鳩」天空のドア》)→ 

広峰神社・善照寺 → 飽波神社(なもで踊り見学中止・なもで踊りの唄のみ御披露)→ 

資料館(灯芯ひき中止・入館者資料展示自由見学・トイレ可)→ 極楽寺

       🎄🎄  昼食(中央公園・トイレ可) 🎄🎄

中家住宅(入館者は母屋から持仏堂へと通り抜け)→ 額安寺(境内見学・トイレ可)→ 

推古神社 → 光堂寺・杵築神社→ 大和小泉駅 解散

 

皆さまと久しぶりの再会を楽しみに 爽やかな秋風の中 ご一緒に歩けますことを祈りつつお待ち申し上げております。

                  安堵観光ボランティアの会 スタッフ一同

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2020年9月 5日 (土)

活動再開のお知らせ

 

安堵観光ボランティアご利用のみなさまへ・・・活動再開のお知らせ  

 

9月の声を聞いても、残暑とコロナの終息の気配もなく、台風や地震・首相辞任のニュースなど心の安らぐこともありません。

3月5日のブログにて桜のハイキングの中止を緊急でお知らせして以来の御無沙汰で申し訳ありません。

みなさまには、お変わりなくお健やかにお過ごしのことと存じます。

JRの情報誌に記載の9月26日のJRハイキングは予定通り、実施することになりました。詳細については情報誌に準じますが、9月8日このブログで改めてご案内いたします。

Dscf3746  

爽やかな秋風の中、皆さまとの再会と会話を楽しみに一同心よりお待ちしております。

                                令和2年9月5日     安堵観光ボランティアの会 一同

 

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

緊急お知らせ

緊急お知らせ

連日のように報道されている新型肺炎(コロナウィルス)の状況を考慮いたしまして、来る4月4日(土)に予定しておりましたJRハイキング 満開の桜の道を歩く」は残念ながら中止することになりました。

せっかく楽しみにお待ち頂きました皆様には、まことに申し訳ございませんが、お詫びしてお知らせ致します。

弥生とは言いながら寒暖差の激しい日々が続きます。 花粉症や風邪 新型肺炎などには くれぐれもご注意のうえ 皆さまの笑顔が桜のように開く春をお迎えになられますよう 心よりお祈り申し上げます。

せめて昨年の三月末の写真をご覧ください。

 Dscf3520

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

JRハイキング 砂かけ祭り

~聖徳太子ゆかりの道をたどり天下の奇祭へ~

歴史の町・安堵町から廣瀬神社(砂かけ祭り)へ

 R2年2月11日()  JR法隆寺駅改札前 9時受付    9時半~順次出発

連日のようにニューストップで新型肺炎コロナウィルスの感染が報じられる中ではありましたが、温かな日和にも恵まれて多くの方のご参加がありました。 
 

参加者97名安堵町歴史民俗資料館入館 64名・ウォークのみ 33名及びスタッフ15名

Sdscf3915

近鉄生駒線の不通やJR東西線の遅延などで、出足が危ぶまれましたが受付締め切り時刻を前に参加者が増え、班割りなどでご迷惑をおかけ致しました。そんな中、亀岡市からの女性は遅延などで途中で参加を諦めつつも、携帯でご連絡頂き筒井からタクシーで駆けつけて下さいました。

Sdscf3920_20200216160001

天理軽便鉄道・新法隆寺駅付近の遺構
Sdscf3921

斑鳩の田園の中に残る遺構
Sdscf3923 

成福寺跡から  上宮遺跡公園
Sdscf3925

万葉歌碑巡り
Sdscf3929

調子丸古墳(黄色い円)・駒塚(朱色の円)を望む
Sdscf3933

新業平橋にて 「伊勢物語」の話など
Sdscf3934

斑鳩・高安の里を通り安堵・善照寺へ向かう
Sdscf3936

善照寺 冨生の松(ふしょうのまつ・根上がりの松)と太鼓楼
Sdscf3943

本堂横の屋根にある珍しい瓦

「迦陵頻伽(かりょうびんが)」  
  極楽浄土に棲むと言われる上半身は人・下半身は鳥の想像上の生物

デジカメではこの程度にしか撮れませんが機会があれば実際にご覧ください

Sdscf3945

Sdscf3946 

ヤップ山  陰陽師蘆屋道満の屋敷跡とも伝えられる
Sdscf3947

広峰神社  飽波葦垣宮跡とも言われる
Sdscf3949

業平道と 太子道の 交差地点より法隆寺の塔を望む(黄色の円)
Sdscf3950

太子道(安堵保育園西側)をたどる
Sdscf3951

飽波神社  「なもで踊り絵馬」「聖徳太子ゆかりの雀伝説」
Sdscf3953

安堵町歴史民俗資料館
Sdscf3956 

安堵町かかしコンテスト入賞(安堵小学校 校長作)の天理軽便鉄道の車両がお出迎え
「発車オーライ!」

Sdscf3957

春を告げる白梅と白壁・青空
Sdscf3959

館内 天理軽便鉄道ラストランの記念日 鉄道模型運転イベント
ホームや建物などもとても精密で大人でも興味津々

Sdscf3960

 Sdscf3962

Sdscf3964

昼食タイム  文化観光館「四弁花」
Sdscf3965

極楽寺   重要文化財 本尊・阿弥陀如来広島大仏が有名
Sdscf3967

本堂横の紅白梅がホッコリと
Sdscf3971 

「赤い蘇鉄(ソテツ)の実も熟れる頃~♪」 皆さん思わず懐メロ
Sdscf3973

かかし公園  「聖徳太子やはり法隆寺の方を見ているんだ。」
Sdscf3974

廣瀬神社・太鼓橋
Sdscf3976

本殿前の鳥居
Sdscf3978

諏訪太鼓の奉納
Sdscf3979

砂かけ祭り   「庭上の儀 ・ 田作り 砂かけ 」
神社の広場は、新型肺炎の影響か例年より人出が少ないようでした。

Sdscf3981

Sdscf3982

法隆寺駅への帰り道 富雄川沿いの桜並木に混じって満開の梅の花
Sdscf3994

皆様 お疲れさまでした。今日もいろいろな人々との出会いがありました。


亀岡からの女性 「諦めずに待ってもらって参加できて大満足」                  
  満面の笑顔にスタッフも笑顔に!

岸和田からのお父様  「娘たちと3人で、今日この機会に会う事にして参加しました。」     
  ご兄妹かと思うほど若々しい素敵なお父様

大阪府忠岡町からのお嬢さん   「忠岡町は日本一小さな町なんですよ!」            
  安堵町は日本で三番目に小さな町

箕面市からのお嬢さん 「バラバラに到着したけど善照寺で無事に会えました!」

50代の男性    「相次いで両親が亡くなって落ち込んでいたけど、来て良かった」

女性      「勝手に歩くウォークが多い中で、ガイドさんの説明があって良かった」



今回のウォークで特に印象深かったのは、父娘3人でのご参加でした。私たちのウォークが、こんなふうに楽しんでいただけるのは嬉しい限りでした。因みに私たちスタッフの中にも廣瀬神社で大阪からの息子さんご家族と待ち合わせをした人がいましたよ!    
ありがとうございました。次回も是非、ご参加お待ちしております。   
                        安堵観光ボランティアの会一同

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧